2017年10月20日

第23回四万十川ウルトラマラソン100km その3

前回の続き、20km以降からです。
6d35850a8c530c84a4fb249785b9a378_s.jpg



21kmのエイドのところまでは上り坂ですが、
その後は下りになります。
書き忘れていましたが、
持参したジェルは10kmごとに使いました。

下り坂はスピードが出ますが、
膝などにダメージを受けるため、
スピードを出しすぎないように注意しながら走りました。
速くてもキロ5分程度を目安にしました。
時折左のハムストに違和感が出たのが気になりましたが、
すぐに治まったので、そのままのペースを維持しました。

21kmから25kmまで 27:29


26kmくらいからは急な坂道は終わりましたが、
下り基調で、傾斜が少ない分走りやすいところでした。
両足のハムストが硬くなってきている感覚があり、
時々足をたたきながら走りました。

26kmから30kmまで 26:04
31kmから35kmまで 25:23


このあたりからあまり下っている感覚になりませんでした。
そんなに速くは走っていませんが、思った以上に速かったようです。
ハムストが軽く痙攣している感じがして、腿をたたく頻度が増えていきました。
36kmから40kmまで 26:30


フルマラソンの距離をサブ4で走ればサブ10の第一段階クリアです。
タイムは3時間49分くらいで目標は達成できました。
雨が逆に心地よく、疲労はありませんでしたが、
ハムストの状態は気になってました。
41kmから45kmまで 27:00


このころは平坦な道を淡々と走っていました。
50km時点で4時間30分くらいでした。
想定ペースよりも10分ほど速いのですが、
疲れもなく走れていたのでいいかと思いました。
45kmから50kmまで 27:24


54kmくらいに半家沈下橋があり、そこを往復しました。
パンフでは健闘を称えあっている姿がありましたが、
自分自身がガチで走っていたので、そういうことはしませんでした。
橋を渡り終えると、上り坂になります。
スピードが上がらず、ハムストがパンパンになってきたので、
途中歩きを入れて、状態が治まったら走りました。
ペースはがた落ちになってしまいます。
51kmから55kmまで 28:01


56kmを半分過ぎたくらいから下りになります。
ハムストに加えて、大腿四頭筋にまでハリを感じるようになりました。
ペース自体は維持できていましたが、きつい感覚になりました。
とにかくレストステーションはまだかとばかり考えるようになりました。
そこでかわいい娘の顔を思い浮かべながら、
疲労感を紛らわせて行きました。
56kmから60kmまで 27:35

つづく



スポンサードリンク



posted by かのなつ at 09:00 | 福岡 ☁ | Comment(0) | 四万十川ウルトラマラソン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: