2017年10月22日

第23回四万十川ウルトラマラソン100km その5

ゴール後以降になります。
d720d5b952f8e3b0a7332ff767eddcef_s.jpg



ゴール後、なぜか拍手喝采の中荷物を受け取り着替えました。
ちょっとでも変な曲げ方をすると足が攣りそうだったので、
慎重に着替えを行いました。
一度座ると立つのが大変で、靴を履ける感じではなかったので、
持参したサンダルに履き替えて帰りました。

循環バスに乗ろうとして、階段を上がろうとすると、
ボランティアの学生さんが荷物を持ってくれたのでそのままお願いしました。
これくらいは何ともないのですが、ついつい甘えてしまいました。
循環バスを待っていたのですが、もう少し時間がかかるとのことで、
運動公園まで歩いていくことにしました。
20分ほどかかったと思いますが、全然楽勝でした。
始めからこうすればよかったのかもしれません。

その後車で宿毛の宿まで向かいます。
前日の宿と違い、あさひというホテルでした。
全室禁煙ではないらしく、入った瞬間ヤニ臭い匂いがしましたが、
しばらくすると慣れてしまいました。入るたびにヤニを感じますが。
空気清浄機があればもっとよかったのですが。
まあ値段が安いので仕方ありません。
設備も古臭さを感じましたが、喫煙者にはいいと思いました。

シャワーを浴びたとき、股のところに痛みを感じよく見たら擦れてました。
走っているときは全く感じなかったのですが、
水を充てるだけで叫びたくなるような痛みがありました。
またよく見ると足の親指の爪が両方とも黒爪になってました。
想像していた以上にダメージがあったようです。

少し休んで、近所のスーパーに買い出しに行きました。
目標達成なので、大好きなエビスビールを買いました。
その他、持ち込んでいた焼酎用のつまみなども買って帰りました。

部屋に戻り、一人ビールで乾杯しましたが、
お弁当を食べた段階でおなか一杯になり、お酒も入らなくなりました。
せっかく焼酎を持ってきたのに、これもウルトラ後のダメージでしょうか。
フルマラソンではそんなことはなかったのですが。
前日眠れていないこともあり、9時前には寝落ちしていました。

翌朝7時前に起きて、軽く朝食をいただきホテルを後にします。
四万十市内に戻り、四万十屋で天然ウナギを食べに行きました。
目標達成したら行こうと思っていたので、よかったです。
値段は3980円と、僕としては超高価な食べ物でしたが、
変に脂っこくなく、身がしまっており非常においしかったです。

その後帰途につきます。
宿毛からのフェリーでは帰りが遅くなるので、
愛媛の三崎からフェリーに乗るようにしました。

昨日走った四万十川沿いを走ったのですが、なかなかの景色でした。
ただ道が狭く離合が大変でした。
カヌー館手前以降はほぼ道がよくなり、快適なドライブでした。
一部混雑しているところはありましたが、スムーズに三崎まで行くことができました。
三崎から1時間10分で佐賀関に着いて、高速道路で帰りました。
雨が強く、視界が悪いため通常よりも疲れました。
18時過ぎに自宅に着き、長旅が終了しました。

後はレースの振り返りを行います。



スポンサードリンク



posted by かのなつ at 09:00 | 福岡 ☁ | Comment(0) | 四万十川ウルトラマラソン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: